読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産み待ちdiary

無職の妊娠・出産・育児日記です。

無痛分娩の記録

妊娠 出産

かなり月日が経ったけど無痛分娩の時のことを書いておこうと思って当日の日記をまとめる。

 

生活リズムがめちゃくちゃでその日も徹夜であれこれしててソファから起き上がった時にいきなり破水したwたしか5時半ぐらい。病院に連絡して入院用の荷物をまとめる。予定日までまだかなり日数があり入院の準備は何もしてなかったので焦る。入院用のスリッパ的な履き物もちょうどいいのがなくてビーサンを持参。

夫が車で病院に連れて行ってくれて6時半ぐらいに入院。破水後だらだら出続けていたので車のシートにはペットシーツを敷いた。陣痛タクシーは登録してたけど結局使わなかった。

病院に到着すると陣痛室に通され、病衣に着替えオムツみたいなパッドを当てる。当直のドクターが対応してくれ、子宮口は2-3cmって言ってたかな。

じわじわと収縮が陣痛っぽくなってくる。生温かい液体が出続けるのでさすがに出過ぎではと心配になるが、大丈夫ですよとのこと。

院内はWi-Fiが飛んでて室温も適度であり快適に過ごす。この時点ではヤフーニュースとか見てまだ余裕あり。

9時ぐらいに主治医診察。急な入院だったから無痛分娩は無理なのかなとか思ってたけど無痛OKとのことでほっとする。

その後促進剤開始。わりと痛くなってきたけどなんとか誤魔化せるレベル。

まだ買ってなかった骨盤ベルトをネットで注文したりその他の物品を検索したり、インターネットのある時代でよかった。

たぶん10時半か11時ぐらいに硬膜外入れてくれて麻酔開始。持続開始はもうちょっと後だった。

硬膜外入れるの自体はそれほど痛くなかったけど左の坐骨のあたりがしびれる。

腰とか下腹部とか尻とかが痛い。しびれもつらい。痛みの波が来ると呼吸が浅くならないようにしながら気を紛らわせるも、痛みに対して腹立たしさというか殺意のようなものが湧いてきて自然と舌打ちしてしまう。何度も舌打ちした。人生でこんなに舌打ちした日はなかった。舌打ちしたり唸ったりしながら過ごす。助産師がテニスボール試してみますか?と言うのでやってもらったけどあまり変わらず。せっかくの無痛分娩なんだからもっと味わわせてくれよ無痛分娩の醍醐味を!という気持ちになり、麻酔でもっとなんとかしてくださいと訴える。麻酔の濃度を調整してもらってからはかなり楽になった。子宮口はけっこう早く開いてきているとのこと。そうでないと困る。

16時には全開大。ベテランっぽい助産師がもういきむ練習をしてもいいでしょうとのこと。もう1人の助産師がまだじゃない?みたいな雰囲気出してたけど、次の段階に早く進みたかったのでやる気満々な人っぽく振る舞っていきみます!いきみます!みたいな勢いになる。いきむとけっこう楽になった。いきめることがこんなにありがたいことだとは思わなかった。

しばらくいきむ練習をしてからドクター診察。いきむと児頭は降りてくるけど麻酔の影響で完全に力が入りきらないので吸引分娩しましょうということになった。想定内だ、さっさと行こうぜ、という気持ちで同意。

17時半ぐらいに分娩台へ。日勤が終わるタイミングだったのでドクターがたくさんいた。何回かいきんで、最後のいきみで吸引&腹を上からすごい押されて娩出。オギャー!

分娩台に乗ってから娩出までは30分ぐらいだった。

体重測ったりいろいろしてから胸の上に赤子を乗せてもらう。吸引のせいで赤子の頭頂部がとがっていておもしろい形になっている。

下の方では会陰を縫われており、その間に記念撮影してもらったりツヤツヤの胎盤を見せてもらったりする。

 

無痛分娩と言えど多少は痛いでしょと思っていたとおりやっぱり陣痛の痛みは少しあった。麻酔のおかげで分娩そのものは痛くなかった。短時間ですんだので徹夜明けでもなんとかなったなあと思う。

2時間後にごはんが出てきて、おなかがすいてたからおいしかった。